シンガポール航空とスクート、インド乗り入れ再開 ワクチントラベルレーン専用便も

シンガポール航空とスクートは、インドへの旅客便の運航を11月29日から順次再開する。

シンガポール航空は、シンガポールとアーメダバード、バンガロール、チェンナイ、デリー、ハイデラバード、コーチ、コルカタ、ムンバイを結ぶフライトを運航する。チェンナイ、デリー、ムンバイ発はワクチントラベルレーン(VTL)専用便も運航する。

スクートは、シンガポールとアムリトサル、ハイデラバード、ティルチラーパッリを結ぶフライトを運航する。

シンガポール国籍や永住権を持たず、ワクチントラベルレーンを利用する場合、査証申請前にワクチントラベルパス(VTP)の申請が必要となる。入国予定日の60日前から7日前までに申請を行う必要がある。ワクチントラベルレーンの専用便以外を利用する場合、政府が定める隔離要件を満たす必要がある。

詳細はこちら

B!