ヒルトン、うめきた2期地区に「ウォルドーフ・アストリア大阪」と「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」を開業

ヒルトンは、大阪駅前のうめきた2期地区に、「ウォルドーフ・アストリア大阪」と「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」を開業する。

オリックス不動産と運営受託契約を締結した。2024年度上期にはライフスタイルブランド「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」、2025年度上期には最上級ラグジュアリーブランド「ウォルドーフ・アストリア大阪」を開業する。さらにうめきた2期地区には、アップスケールホテルを阪急阪神ホテルズが2024年度下期に開業する。

「ウォルドーフ・アストリア」は、2026年の東京・日本橋への開業に続く契約締結の発表となり、日本初進出となる。1893年にアメリカ・ニューヨークで開業し、世界に約35軒を展開しているラグジュアリーブランド。南街区賃貸棟・西棟の2階と28階から38階部分に位置し、客室面積は50平方メートルを中心に、客室252室を擁する。レストラン、ウォルドーフ・アストリアの象徴であるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」やフィットネス、スパ、屋内プール、チャペル、ライブラリー・ラウンジ、宴会場、会議室も備える。

また、日本初進出となるライフスタイルブランド「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は、北街区賃貸棟の最上階を含む10階から25階部分に位置する。客室面積は32平方メートルを中心に、客室308室を擁する。ルーフ・トップバーのほか、地上階にはカフェ、会議室、フィットネス、トランスファー・ラウンジも備える。

これによりヒルトンは、大阪に「ヒルトン」、「コンラッド」、「ダブルツリーbyヒルトン」を合わせた5ブランドのホテルを展開することになる。

詳細はこちら

B!