ANA、羽田空港のスイートラウンジに防音個室ブースを試験導入

全日本空輸(ANA)は、羽田空港のラウンジに防音個室ブース「テレキューブ」を試験導入する。

10月11日から、羽田空港第2ターミナル本館南側の「ANA SUITE LOUNGE」の受付エリア付近に、1人用の「テレキューブ ソロ型」を3台設置する。実施期間は約3か月間で、初日のみ午前9時から利用できる。

「テレキューブ ソロ型」は、デスクや電源、ソファ、照明、USBポートを完備し、外部の音を気にならない程度に遮断する防音設計で、電話やリモート会議での利用を想定している。天井には2つの換気ファンも備える。利用の際には、ラウンジの受付でブースの鍵を受け取る必要がある。利用時間は最大1時間。

利用対象者は、ANAマイレージクラブのダイヤモンドサービスメンバーと同行者1名、ANA Million Miler Program「Lounge Access Card」保有者と同行者1名、「ANA SUITE LOUNGE」利用券の利用者。

詳細はこちら

B!