ANA・JAL、ラウンジでの酒類提供中止継続 一部では再開

全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)は、一部空港のラウンジでの酒類停止を継続する。まん延防止等重点措置が解除された地域では、提供を再開する。

ANAは、札幌/千歳・東京/羽田・東京/成田・大阪/伊丹・大阪/関西・岡山・広島・福岡・沖縄/那覇の各空港のラウンジで、酒類の提供中止を継続する。仙台・松山・鹿児島の各空港では、地方自治体からの要請などに基づき、午前11時から午後7時までの間に限り、酒類の提供を再開する。

JALは、札幌/千歳・東京/羽田・東京/成田・大阪/伊丹・大阪/関西・岡山・広島・福岡・沖縄/那覇の各空港のラウンジで、酒類の提供中止を継続する。仙台・松山・鹿児島の各空港では、地方自治体からの要請などに基づき、午前11時から午後7時までの間に限り、酒類の提供を再開する。

なお、ANAとJALが共用する、名古屋/中部の「セントレアエアラインラウンジ」、宮崎の「ラウンジ大淀」では、酒類の提供を中止する。航空会社の上級会員と提携カード会員が利用できる、熊本の「ラウンジASO」は、営業開始から午後7時までの間に限り、酒類の提供を再開する。

B!