JR九州、オンラインオークションを開催 駅名標は列車部品など出品

JR九州は、鉄道部品オンラインオークションを、博多駅で9月23日に開催する。

オークションでは、国鉄時代のものを含む同社の行先サボ、社内表示機、グリーン椅子などの列車の部品や駅名標などを出品する。商品はZoomを通して、映像や動画で紹介する。

午前・午後の2部制で、募集人員は各50名、応募多数の場合は抽選となる。申し込みは、専用フォームにて、9月14日午後6時まで受け付ける。参加費は無料。

詳細はこちら

B!