中部国際空港、生理用品を無料で提供 一部トイレで9月16日から

中部国際空港は、第1ターミナル国内線出発制限エリアの女性トイレで、無料で生理用品を利用できるサービスを9月16日から開始する。

オイテルが協力し、国内の空港で初めて、生理用品が常備されたディスペンサー「OiTr(オイテル)」を、2か所のトイレの個室15か所に設置する。

専用アプリをダウンロードし、ダウンロードしたスマートフォンをディスペンサー本体にかざすことで受け取ることができる。2時間ごとに1枚の受け取りができる。これにより、生理用品の手持ちがない時に空港内を探し回る不安の解消などを見込む。

利用状況や利用者からのアンケートをもとに、設置の拡充を含めた、適切で持続可能なサービスの検討に繋げていくとしている。

B!