3往復&3泊で36,000円! ”航空サブスク”にマイラー熱視線、狙い目は羽田〜宮古線?

日本航空(JAL)とジャルパック、KabuK Styleが実施する、航空券とホテルがセットとなったサブスクの実証実験に、マイラー界隈が騒然としている。

仕組みはこうだ。KabuK Styleが運営する宿泊サブスクサービス「HafH(ハフ)」会員を対象に、航空券3往復分とホテル3泊分を36,000円で販売する。対象路線は、東京/羽田発着東京/羽田発着札幌/千歳・釧路・山形・小松・南紀白浜・高知・長崎・宮崎・沖縄/那覇・宮古の10路線。単純往復が基本であるものの、南紀白浜を利用の場合のみ、復路は大阪/伊丹・大阪/関西とすることもできる。

「HafH」のスタンダード会員以上であることが申し込み条件で、最も安いスタンダード会員は初月2,980円、2ヶ月目以降9,800円で、1ヶ月あたり3泊まで利用できる(プランは8月にリニューアルする)。毎月200コインが付与され、コインを使って好きなホテルの予約ができる。航空券+ホテルの予約にも100コインが必要だ。出発日は8月23日から11月23日までで、7営業日前までのリクエスト受け付けとなる。

この中で、マイラーが注目しているのは、東京/羽田〜宮古線をはじめとした長距離路線の利用だ。JALマイレージバンク(JMB)の個人包括旅行運賃のマイル積算率は50%で、最長距離となる東京/羽田〜宮古線を利用した場合、片道あたり579マイル貯まる。JALカード会員を対象とした「JALカード ツアープレミアム」の登録者は積算率が100%となることから、片道1,158マイル、3往復で6,948マイルが獲得できる計算となる。上級会員は最大130%のボーナスマイルも付くことから、片道1,911マイルを獲得できる。

もちろん、上級会員資格の獲得に必要なFLY ONポイントも獲得できる。東京/羽田〜宮古線の場合には片道あたり1,158FLY ONポイントが獲得できることから、3往復で6,948FLY ONポイントとなる。サブスクオプションのみを考慮した場合、1ポイントあたりの単価は5.18円とかなり割安になる。宿泊が含まれていることも忘れてはいけない。

申し込みは8月1日午前6時から300名限定で受け付ける。瞬殺も見込まれる、お得な商品と言えるだろう。

詳細はこちら

B!