航空券3往復とホテル3泊、サブスクで36,000円に JALとKabuK Styleが実証実験

日本航空(JAL)とジャルパック、KabuK Styleは業務提携し、航空便と宿泊のサブスクリプションサービスの実証実験を実施する。

航空券3往復とホテル3泊が36,000円となる「航空サブスクサービス」を、KabuK Styleが運営する宿泊サブスクサービス「HafH」会員を対象に提供する。8月1日午前6時から、300名限定で参加者の募集を開始する。

通常の「HafH」の月会費とは別に、費用を支払うことで航空便の利用ができる。1往復と1泊あたりHafH100コインを利用する必要があり、最大3回まで利用ができる。対象のHafH会員は、スタンダード、スタンダードプラス、プレミアム、プレミアムプラスの4種類。利用期間は8月23日から11月23日まで。

利用できる航空便は、東京/羽田発着札幌/千歳・釧路・山形・小松・南紀白浜・高知・長崎・宮崎・沖縄/那覇・宮古の10路線が対象となる。単純往復が基本であるものの、南紀白浜を利用の場合のみ、復路は大阪/伊丹・大阪/関西とすることもできる。フライト、宿泊ともにリクエストでの受付となる。マイルの積算率は50%となる。

詳細はこちら

B!