GWも片道5,000円から! JALの国内線タイムセールに注目、24日まで【コラム】

往復1万円で秋田へ週末旅行

タイムセール発売からしばらく経ったが、まだまだ利用しやすい時間帯の航空券が残っている。

東京発着で片道5,000円となるのは主に東北地方、小松、関西地方の空港への路線。山形や南紀白浜など、セールではあまり対象にならない路線も含まれるのが印象的だ。

片道5,000円、往復10,000円で利用でき、週末の1泊旅行に適している路線として、東京/羽田〜秋田線を挙げる。旅客使用手数料を含んで総額は10,580円。秋田には約30時間滞在可能で、グルメや温泉なども満喫できそうだ。

執筆時点では9日の青森午後8時30分発JAL150便も同額であるため、五能線のリゾートしらかみ号に乗車して北東北を縦断してみるのもよさそうだ。

四国へも往復1.2万円

四国へのフライトも片道6,000円からとなっている。同様に週末旅行に最適なフライトに注目していくと、松山空港への往復が時間帯が良さそうだ。

瀬戸内海の温暖な気候に恵まれ、温泉やフルーツ、路面電車などの特徴が豊富な松山は、何度いっても飽きないというのが率直な感想だ。

大阪/伊丹発も路線豊富

大阪発では、伊丹発、ジェイ・エアが運航する路線なども豊富にラインナップされている。

毎日1往復運航する伊丹〜函館線は片道8,000円。時間帯も程よいが、初夏の函館を過ごすなら、1泊より2泊以上のほうがより楽しめるかもしれない。

優れた朝食バイキングを提供するホテルも多く、ぜひゆったりとした北海道滞在を楽しんでみてはいかがだろうか。

1 2
B!