低価格の王様? 1泊1,000円の西成のホテルに泊まってみた「ホテル ダイヤモンド」【はんつ遠藤の大阪・西成C級ホテル探検(4)】

先月、僕はGo To トラベルキャンペーンを使用して大阪・西成のホテルに泊まり、1泊実質120円だった報告をさせて頂いた。だが、西成には安宿が殆どで、1泊1,000~3,000円程度。そもそもキャンペーンが適用不可なホテルも存在する。そこで、第4回は、特に安価な1軒をご紹介しよう。

何度も書いて恐縮だが、西成には3畳一間、バストイレ共同というホテルがとても多い。中でも群を抜いて安価なのが「ホテル ダイヤモンド」だ。

僕が伺った12月中旬はGoToトラベルキャンペーン期間中であったが、こちらは使用不可で、通常通りの1泊素泊まり1,000円(税別)。

大阪メトロ動物園前駅の8番出口から南へすぐ、南北に走る大通りの堺筋に面した便利な立地だ。

建物は8階建てで、正面玄関は自動ドア。中に入るとすぐ右側にフロントがあり、左側には水槽があって珍しき金魚が泳いでいたり、各地のお土産が飾られていたりと、昭和的というか民宿のような雰囲気が伝わってくる。

こちらでは、フロントで予約名を伝え、記帳したあとに、1,000円のデポジットを支払い、部屋のキーを受け取るスタイル。この手のスタイルは、低価格帯の西成のホテルでは、時々見受けられる(チェックアウト時にキーと交換で返却される)。

一見、靴を脱いでスリッパで移動する感じの作りだったが、現在はそのまま部屋まで自らの靴で移動できる。

宿泊料金はあらかじめ楽天トラベルのクレジットカード決済にしたので、スムーズ。

一応ロビーがあり、無料の飲料水も飲める。

フロントの奥(というか管理人室)では犬がワンワン鳴いていた。6~7歳の犬が3匹ほどいるようだ。なんともアットホームな空気が流れていた。

エレベーターで部屋へと向かおうと思い、行き先階を押すボタンを見て驚いた。8階建てなのに1、3、5、7と奇数階しかない。どうやら偶数階に行く場合は、エレベーターを降りてから階段を使用するようだ。

今回のホテルは5階だったのでエレベーターが停止する階。

「停止する階でラッキー」という、ホテルではなかなか感じない喜びを抱きつつ降りれば、また昭和的というか薄暗い廊下が続いていた。一フロアに約30部屋ある模様。その8階建てなので、200部屋以上ある。

それと不思議なのは、部屋の”外側”に電気のスイッチがある点。これは入室して分かったが、中に照明等のスイッチがなく、部屋の外で点灯、消灯を行うスタイルだった。ということは夜、誰かに消されてしまうのでは?という不安がよぎったが、今回はそのような事には遭遇しなかった。

僕はキーで鍵を開け、扉を開いた。

そこには、西成で十数軒宿泊している僕でも見た事のない光景が広がっていた。

1 2 3
B!