台風14号、発達しながら日本列島上陸のおそれ 前線活発化で大雨続く所も

台風14号は、今後発達しながら西日本・東日本に上陸するおそれがあるとして、気象庁は早めの対策をするように呼びかけている。

強い台風14号は8日午後4時には種子島の南東にあって、1時間におよそ15キロの速さで北へ進んでいる。このあと、台風は日本の南を発達しながら北上し、9日から10日にかけて西日本へ、10日から11日にかけて東日本へ接近、上陸するおそれがある。

台風の接近、北上に伴い、奄美地方では9日にかけて、西日本や東日本では10日にかけて非常に強い風が吹き、猛烈なしけとなるところがある。高波に厳重に警戒し、暴風に警戒するように呼びかけている。

また、台風の北上により日本の南の前線の活動が活発となり、西日本や東日本では大気の状態が非常に不安定となるため、激しい雨や非常に激しい雨の降る所がある。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するように呼びかけている。

B!