NEXCO東日本、東北自動車道岩槻ICなどの利用再開 一部は復旧に長時間を要する見込み

東日本高速道路(NEXCO東日本)は、一部の高速道路のインターチェンジ(IC)を復旧し、営業を再開した。

営業再開をしたのは、東北自動車道岩槻ICの春日部方面、仙台東部道路の多賀城IC、北関東自動車道太田強戸スマートICの3ヶ所。

なお、東北自動車道白河中央スマートIC上り線、常磐自動車道水戸北スマートIC、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)坂戸IC、上信越自動車道小布施スマートICは依然として閉鎖しており、利用できない。いずれも、周辺の河川の氾濫により水没し被害が大きく、利用再開まで相当の期間を要する見込みとなっている。

NEXCO東日本が10月14日に公開した写真では、上信越自動車道小布施SIC上り線が完全に冠水していることが分かる。

詳細はこちら

B!