エバー航空、ボーイング787-10型機を初受領

エバー航空は、ボーイング787-10型機を6月21日に初めて受領した。

ボーイング787-9型機に比べて、客室面積と貨物の積載量が約15%増加しており、座席数は38席多い、2クラス制で342席を配置。ビジネスクラスの「ロイヤルローレルクラス」にはBMWグループのデザインワークス、エコノミークラスにはレカロ製の座席を設けた。アジア内の高需要路線に投入する見通し。

エバー航空はすでに、ボーイング787-9型機を4機運航している。

詳細はこちら

B!