国土交通省、被災時に最適な代替着陸空港を選定するシステム導入 平成28年度から

国土交通省

国土交通省は、南海トラフ巨大地震に備え、着陸予定空港が被災で使用できない場合でも、飛行中の航空機を安全かつより効率的に着陸させるため、最適な着陸空港を迅速に選定する「緊急ダイバート運航総合支援システム」の本格運用を平成28年度より開始すると発表した。

現在は、各空港の被害状況や飛行中の残燃料を電話などで確認し把握、これらの情報をもとに最適な代替着陸空港を人が選定している。これをシステム化することで迅速化し、最適な代替着陸空港をシステムが計算し、即時選定する。

東日本大震災時には、86機の航空機が代替着陸を余儀なくされ、一部の便では残燃料が不足し緊急着陸するなど課題があった。

詳細はこちら

バリ島 Wifi 最安価格

日本-インド行き航空券

日本-インド行き航空券

26,382
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN 東京で静かなルートで観光がしたい
  • UCtripで日本国内線が安い?
  • UNJAL特典航空券の前倒し搭乗
  • Uフルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • JGC修行2017
  • ANA SFC修行2017
Traicy Talk(未回答)
  • プーケットのお土産
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • おすすめの宮崎ごはん
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 参考までに
Traicy Talk(回答有)
  • 死海について
  • 四川航空の成田発成都行安すぎませんか?www
  • 10月8日日曜日に香港で旅行好きが集まりトラム貸切ツアーをやります
  • 昔の海外旅行
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • 海外でのライブチケットの取り方。