フィンランド航空、世界最北の空港に航空会社初の定期便 エディンバラやビルンなどに新路線も

フィンランド航空(メイン)

フィンランド航空(フィンエアー)は、エディンバラやビルン、プーラ、スバールバルなどへの新路線を2016年夏スケジュールで運航を開始すると発表した。

いずれもヘルシンキ発着で、エディンバラ線は2016年4月18日から10月27日まで、ビルン線は2016年4月4日から通年、プーラ線は2016年6月20日から8月12日まで週2便、スバールバル線は6月1日から8月27日まで週3便をぞれぞれ運航する。

また、従来はチャーター便として運航していた、ザキントス、スキアトス、サントリーニ、ミティリニ、プレヴェザ、リミニ、ヴェロナ、ヴァルナ線を定期便として運航するほか、マルタ、テルアビブ、ビアリッツ、ニース線も増便する。

スバールバルは北極海にあるノルウェー領の島で、世界最北の空港。航空会社として初となる国際線定期便の就航となる。

詳細はこちら

アメリカ Wifi 最安価格

日本-アメリカ行き航空券

日本-アメリカ行き航空券

22,003
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について