FAA、ボーイング747-8型機の改善命令 振動で翼破壊の恐れ

747-8

アメリカ連邦航空局(FAA)は、ボーイング747−8型機で「フラッター現象」と呼ばれる振動が稀に起きる可能性があるとして、改善を指示する「耐空性改善命令」を発令した。

特定のシステム障害が重なった場合のみ起きる現象で、振動が増大すると翼を破壊する恐れがある。

同型機は日本では日本貨物航空の貨物機として導入されている。旅客便としては日本の航空会社は運航していない。大韓航空やルフトハンザ・ドイツ航空、中国国際航空、キャセイパシフィック航空などが導入または導入を計画している。 

詳細はこちら 

カナダ Wifi 最安価格

日本-韓国行き航空券

日本-韓国行き航空券

8,192
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について