カンタス航空、燃油サーチャージを運賃に組み込み 国交省から認可

P1010127

カンタス航空は、燃油サーチャージを運賃に組み込むと発表しました。

8月1日以降日本出発分かつ7月1日以降予約分が対象で、6月1日に国土交通省から認可を取得した。7月31日までの日本出発分と6月30日まで発券する8月1日以降日本出発分では、片道あたり10,500円の燃油サーチャージを徴収する。

これは、カンタス航空がすでに発表している、全世界的な運賃改定の一環で、順次他の国際線でも実施するとしている。

すでに、マレーシア航空は2014年4月から、ニュージーランド航空も5月25日以降発券分かつ10月1日以降日本出発分で燃油サーチャージの運賃への組み込みを行っている。

■関連記事
ニュージーランド航空、燃油サーチャージを廃止し運賃組み込みへ

詳細はこちら 

中国 Wifi 最安価格

日本-インド行き航空券

日本-インド行き航空券

30,098
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uプーケットに行きたい!
  • U務安国際空港について
  • Uベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • U乗り継ぎ地の空港税の二重払い
  • Uベネチアまでの航空会社について
  • U海外旅行保険って何がオススメですか?
Traicy Talk(未回答)
  • 大分のオススメ観光スポット、グルメ
  • 雑談
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 旅先での嫌な経験をした場合はどうしていますか。
Traicy Talk(回答有)
  • サプライスの広告記事の安さについて。
  • 格安航空会社で最もコストパフォーマンスの良い会社を教えてくれませんか。
  • 中央アジア周遊ルート
  • 中国のVPN接続
  • オープンジョー
  • 海外でのライブチケットの取り方。