IATA、各航空会社で異なる機内持ち込みサイズを適正化 共通ロゴも策定

iata

国際航空運送機関(IATA)は、各航空会社で異なっている機内持ち込み手荷物のサイズを適正化する、新たなイニシアチブを発表した。

航空会社や航空機製造メーカーなどとともに、機内のスペースが有効活用できる新たな機内持ち込み手荷物の共通サイズが定められ、サイズは「55×35×20センチ(21.5×13.5×7.5インチ)」である場合、120席以上の航空機で全員が機内持ち込み手荷物の就航が可能であるとした。

また、機内持ち込みサイズであることを示す、「IATA Cabin OK」のロゴも策定された。今年後半には、認定ロゴが付けられた製品が販売される見通し。

ただし、IATAは、すべての「IATA Cabin OK」のロゴが機内持ち込み手荷物として認められることは、運航上や安全上の理由により保証しないとしているものの、このロゴは乗務員や地上職員がサイズのガイドラインを満たす手荷物に優先権を与える判断に役立つとしている。

詳細はこちら

グアム Wifi 最安価格

日本-ベトナム行き航空券

日本-ベトナム行き航空券

18,250
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uビールの美味しい国
  • U成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 海外旅行保険はいってますか
  • 金鵬倶楽部(Fortune Wings Club)のマイルの使い方について
  • 旅行中にTdap(破傷風・ジフテリア・百日咳)ワクチン予防接種
  • 世界一周(質問ではありません)
  • 成田のDLラウンジについて
  • JALマイルが貯められて、Suicaにオートチャージできるクレジットカード