フィンランド航空、エアベルリンとニキ航空とのコードシェア拡大

フィンランド航空(メイン)

フィンランド航空(フィンエアー)は、エアベルリンと子会社のニキ航空と共同運航(コードシェア)提携を拡大すると発表した。

対象となるのは、ブカレスト、カターニア、ハニア、ケルン、ラルナカ、マラガ、ナポリ、パルマデマジョルカ、パフォス、シュトゥットガルト線で、ベルリン、デュッセルドルフ、フランクフルト、ミュンヘン、ウィーン、チューリヒ経由で乗り継ぐことができるようになる。

新たなコードシェアは、主にヘルシンキからの直行便を補完する形で行われるため、スケジュールが柔軟に計画できるようになる。

フィンエアーとエアベルリンは、いずれもワンワールドに加盟。2010年より、スカンジナビアと中央ヨーロッパでコードシェア便を運航している。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

フランス

航空券比較

タイ行き

17,889