ボーイング、747−8iで最大330分のETOPS取得 効率的なルート選択可能に

20140730ルフトハンザプレスリリース添付写真

ボーイングは、アメリカ連邦航空局(FAA)から、ボーイング747−8i型機のうち、洋上で1基のエンジンが停止しても飛行できる時間を定めた「ETOPS」のうち、330分までの飛行が承認されたと発表した。

2015年2月以降に組み立てられた機材が対象で、従来は180分までしか認められていなかった。4基のエンジンが搭載された機材が330分までの飛行を認められるのはこれが初めて。

これにより、洋上飛行ルートで効率的なルートの飛行が可能になるため、所要時間の短縮と燃費の向上が見込まれる。

すでに全世界では、11社が83機を運航している。

詳細はこちら 

マレーシア(主要都市) Wifi 最安価格

日本-アメリカ行き航空券

日本-アメリカ行き航空券

23,559
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイレージクラブ
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
Traicy Talk(回答有)
  • シンガポールでの日本土産購入箇所について
  • オープンジョー
  • 香港~マカオの行き方
  • ホテルをお得に泊まるには?
  • JGC修行2017
  • Tripair(トリペア)で航空券購入