ボーイング、747−8iで最大330分のETOPS取得 効率的なルート選択可能に

20140730ルフトハンザプレスリリース添付写真

ボーイングは、アメリカ連邦航空局(FAA)から、ボーイング747−8i型機のうち、洋上で1基のエンジンが停止しても飛行できる時間を定めた「ETOPS」のうち、330分までの飛行が承認されたと発表した。

2015年2月以降に組み立てられた機材が対象で、従来は180分までしか認められていなかった。4基のエンジンが搭載された機材が330分までの飛行を認められるのはこれが初めて。

これにより、洋上飛行ルートで効率的なルートの飛行が可能になるため、所要時間の短縮と燃費の向上が見込まれる。

すでに全世界では、11社が83機を運航している。

詳細はこちら 

マレーシア Wifi 最安価格

日本-グアム行き航空券

日本-グアム行き航空券

29,784
Traicy Talk (新着投稿)
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • UNクルーズ船の予約方法
  • UN務安国際空港について
  • U機内食を食べれないかたはどうしているか知っていますか?
  • 8月の香港一人旅、観光地やレストランのおすすめは?
  • 次の旅行先のオススメ教えてください
Traicy Talk(未回答)
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 旅先での嫌な経験をした場合はどうしていますか。
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • Traicy編集部が年度末の打ち上げで行くお店を募集します。
  • シェアリングエコノミーが発展している都市
  • 香港のディズニーランドについて
  • 飛行機の中のトイレの大きさを事前に知る方法
  • 香港競馬について
  • ラスベガスのホテルに無料で泊まれるって本当ですか?