ボーイング、747−8iで最大330分のETOPS取得 効率的なルート選択可能に

20140730ルフトハンザプレスリリース添付写真

ボーイングは、アメリカ連邦航空局(FAA)から、ボーイング747−8i型機のうち、洋上で1基のエンジンが停止しても飛行できる時間を定めた「ETOPS」のうち、330分までの飛行が承認されたと発表した。

2015年2月以降に組み立てられた機材が対象で、従来は180分までしか認められていなかった。4基のエンジンが搭載された機材が330分までの飛行を認められるのはこれが初めて。

これにより、洋上飛行ルートで効率的なルートの飛行が可能になるため、所要時間の短縮と燃費の向上が見込まれる。

すでに全世界では、11社が83機を運航している。

詳細はこちら 

インドネシア Wifi 最安価格

日本-カナダ行き航空券

日本-カナダ行き航空券

61,684
Traicy Talk (新着投稿)
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • UANAのマイルを貯めたい!
  • UANA SFC修行2017
  • UNマイレージカードについて
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • JALマイレージバンク
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
Traicy Talk(回答有)
  • 東京で静かなルートで観光がしたい
  • 欧州鉄道乗り放題パスは本当に安いの?
  • 東京から長崎のランタンフェスティバルへ、最安で行きたいです!
  • 香港エクスプレスのセールチケットを予約する方法。
  • シェアリングエコノミーが発展している都市
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて