欧州航空安全機関、操縦室内に2人を常駐させるよう一時勧告 墜落事故受け

操縦室イメージ

欧州航空安全機関(EASA)は、3月27日、飛行中には操縦室内に常時2人を常駐させるように求める、一時的な勧告を出した。

ジャーマンウイングス機墜落事故は、操縦室内に一人となった副操縦士が機長を締め出し、意図的に墜落させた可能性が高いと見られており、フランス当局の調査結果が出るまでは、入手可能な情報に基いてこの勧告を出すとしている。

すでに、ジャーマンウイングスを傘下に持つルフトハンザグループも採用する意向を示している。

詳細はこちら

ベトナム Wifi 最安価格

日本-韓国行き航空券

日本-韓国行き航空券

7,825
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • N成都おすすめのスポット教えてください!
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • おすすめの宮崎ごはん
Traicy Talk(回答有)
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • 海外でのライブチケットの取り方。
  • 夏の旅行でおすすめの場所
  • ビールの美味しい国