ライアンエア、大西洋横断路線進出決定報道を否定 約1,790円の大西洋横断は幻に?

ryanair-aircraft

ヨーロッパの格安航空会社(LCC)、ライアンエアの取締役会が大西洋横断路線を2020年までに開設することを承認したとの報道を、同社が否定するコメントを発表した。

ヨーロッパの12から14都市と、アメリカの12から14都市を結ぶ路線を順次開設する見通しで、ロンドン/スタンステッドを拠点とする計画。ヨーロッパの発着地は、ダブリン、ケルンなど、アメリカの発着地は、ワシントン、ニューヨーク、シカゴなどを想定。運賃は99ポンド(約17,800円)で、プロモーション運賃は10ポンド(約1,790円)程度となる見通しとされていた。

■関連記事

ライアンエア、51時間の遅延が発生するトラブル 乗客は怒り心頭

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ベトナム

航空券比較

グアム行き

21,279
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 雑談
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • JALマイレージバンク
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
Traicy Talk(回答有)
  • 金鵬倶楽部(Fortune Wings Club)のマイルの使い方について
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 機内食がおいしい航空会社
  • 成都に行くならやるべきこと!!募集!!
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • 高雄のオススメ夜市はどこですか?