ライアンエア、大西洋横断路線進出を決定 プロモーション運賃は2,000円以下に

ryanair-aircraft

ヨーロッパの格安航空会社(LCC)、ライアンエアの取締役会は、大西洋横断路線を2020年までに開設することを承認したことがわかった。各メディアが伝えた。

ヨーロッパの12から14都市と、アメリカの12から14都市を結ぶ路線を順次開設する見通しで、ロンドン/スタンステッドを拠点とする計画。ヨーロッパの発着地は、ダブリン、ケルンなど、アメリカの発着地は、ワシントン、ニューヨーク、シカゴなどを想定している。

フィナンシャル・タイムズによると、運賃は99ポンド(約17,800円)で、プロモーション運賃は10ポンド(約1,790円)程度となる見通し。諸税は別途必要となる。

今後、無料の機内インターネットサービスなどを開始する予定で、大西洋横断路線でも導入する計画です。

■関連記事

ライアンエア、51時間の遅延が発生するトラブル 乗客は怒り心頭

詳細はこちら

中国 Wifi 最安価格

日本-中国行き航空券

日本-中国行き航空券

19,528
Traicy Talk (新着投稿)
  • U香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • U台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • UNエクセスチャージ対策
  • UN海外SIMカードの最適解って結局何?
  • Uヨーロッパとアメリカの違い
Traicy Talk(未回答)
  • 雑談
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ヨーロッパでお得に使えるクレジットカードは?
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
  • 日帰りで韓国旅行することになりました。効率の良いプラン教えてください。
  • LCCの長距離便は大変ですか?