2014年10月~12月の欠航率、フルサービスキャリアとLCCの差はほぼ見られず

04

国土交通省は、3月11日、特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係わる情報公開(平成26年10月~12月)を発表した。

発表によると、格安航空会社(LCC)のうち、欠航率がワーストとなったのは、2.82%でバニラエアとなった。天候事由を除くと、春秋航空日本がワーストとなっている。また、全航空会社では、日本トランスオーシャン航空がワーストとなった。

対象となる全航空会社いずれも、欠航率は1.5%から3.5%の範囲内となっており、フルサービスキャリアとLCCとの差はほとんど見られなくなった。

■関連記事

2014年7月~9月のLCC欠航・遅延率発表、ワーストは8月就航の春秋航空日本に
2014年4月〜6月のLCCの遅延率発表、トップはピーチ バニラは大幅改善

2013年7月〜9月のLCC3社の欠航率、Peachは機材繰りでの欠航ゼロに!

詳細はこちら

Wifi 最安価格

インド

航空券比較

スペイン行き

54,407
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 雑談
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
Traicy Talk(回答有)
  • プーケットのお土産
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • 歩きまくる一人旅行に必要なものと不必要なもの
  • 空港で快適に寝る方法
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 釜山の電気街