2014年10月~12月の欠航率、フルサービスキャリアとLCCの差はほぼ見られず

04

国土交通省は、3月11日、特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係わる情報公開(平成26年10月~12月)を発表した。

発表によると、格安航空会社(LCC)のうち、欠航率がワーストとなったのは、2.82%でバニラエアとなった。天候事由を除くと、春秋航空日本がワーストとなっている。また、全航空会社では、日本トランスオーシャン航空がワーストとなった。

対象となる全航空会社いずれも、欠航率は1.5%から3.5%の範囲内となっており、フルサービスキャリアとLCCとの差はほとんど見られなくなった。

■関連記事

2014年4月〜6月のLCCの遅延率発表、トップはピーチ バニラは大幅改善

2013年7月〜9月のLCC3社の欠航率、Peachは機材繰りでの欠航ゼロに!

詳細はこちら

インドネシア Wifi 最安価格

日本-台湾行き航空券

日本-台湾行き航空券

10,936
Traicy Talk (新着投稿)
  • U深夜に香港に到着したその日にマカオに移動することはできますか?
  • UUAE旅行初心者です。中東ってどうでしたか?文化の違いに不安を感じるのですが。
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • U昔の海外旅行
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U旅行に持っていけるパンを温める電化製品を教えて下さい
Traicy Talk(未回答)
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 参考までに
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • プーケットのお土産
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
  • 旅行中に他の国へ旅行に行く事はできるんですか?
  • おすすめの宮崎ごはん
  • 海外旅行保険はいってますか
  • 無料翻訳アプリ