2014年10月~12月の遅延率、ワーストはピーチで20%超に

34

国土交通省は、3月11日、特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係わる情報公開(平成26年10月~12月)を発表した。

発表によると、格安航空会社(LCC)のうち、遅延率がワーストとなったのは、21.52%でピーチ(Peach)となった。前回調査でも20%を超えており、大半が機材繰りでの欠航となっている。

一方で、ピーチの欠航率はLCC4社の中で一番低く、24時間空港である関西国際空港を拠点としているため、遅延しても最終便を運航することが可能である点から、目立って大きい数値となっているとみられる。

次いで、ジェットスター・ジャパン、バニラエア、春秋航空日本の順となっている。

■関連記事

2014年4月〜6月のLCCの遅延率発表、トップはピーチ バニラは大幅改善

2013年7月〜9月のLCC3社の欠航率、Peachは機材繰りでの欠航ゼロに!

詳細はこちら

韓国 Wifi 最安価格

日本-ドイツ行き航空券

日本-ドイツ行き航空券

52,678
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイレージクラブ
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
Traicy Talk(回答有)
  • シンガポールでの日本土産購入箇所について
  • オープンジョー
  • 香港~マカオの行き方
  • ホテルをお得に泊まるには?
  • JGC修行2017
  • Tripair(トリペア)で航空券購入