2014年10月~12月の遅延率、ワーストはピーチで20%超に

34

国土交通省は、3月11日、特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係わる情報公開(平成26年10月~12月)を発表した。

発表によると、格安航空会社(LCC)のうち、遅延率がワーストとなったのは、21.52%でピーチ(Peach)となった。前回調査でも20%を超えており、大半が機材繰りでの欠航となっている。

一方で、ピーチの欠航率はLCC4社の中で一番低く、24時間空港である関西国際空港を拠点としているため、遅延しても最終便を運航することが可能である点から、目立って大きい数値となっているとみられる。

次いで、ジェットスター・ジャパン、バニラエア、春秋航空日本の順となっている。

■関連記事

2014年4月〜6月のLCCの遅延率発表、トップはピーチ バニラは大幅改善

2013年7月〜9月のLCC3社の欠航率、Peachは機材繰りでの欠航ゼロに!

詳細はこちら

台湾 Wifi 最安価格

日本-スペイン行き航空券

日本-スペイン行き航空券

55,829
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uベネチアまでの航空会社について
  • U海外旅行保険って何がオススメですか?
  • U乗り継ぎ地の空港税の二重払い
  • UN【台北以外】ネットカフェ宿泊について
  • U香港のディズニーランドについて
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
Traicy Talk(未回答)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 雑談
  • 大分のオススメ観光スポット、グルメ
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 旅行のきっかけについて
Traicy Talk(回答有)
  • Traicy編集部が年度末の打ち上げで行くお店を募集します。
  • JALマイルが貯められて、Suicaにオートチャージできるクレジットカード
  • 英語初心者用の英会話本やアプリ
  • 台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • エコノミークラスでもお得なサービスのある航空会社
  • 山口に安く行く方法