JAL、定時到着率がアジア・パシフィック主要航空会社部門で1位に ANAは3位

DSC_5305

日本航空(JAL)は、米国のFlightStats社調べによる、2014年1月から12月の国内線・国際線を合わせた運航実績が、アジア・パシフィック主要航空会社部門で1位になったと発表した。

JALの国内線・国際線の定時到着率は87.78%となった。世界全体では4位となり、KLMオランダ航空が88.66%で1位を獲得した。全日空(ANA)は、アジア・パシフィック主要航空会社部門では3位、世界全体では6位だった。

JALは、2013年にもJAL運航の国内・国際線の定時到着率が88.94%、JALグループ便の定時到着率89.75%となり、世界一を獲得している。

マレーシア(主要都市) Wifi 最安価格

日本-スペイン行き航空券

日本-スペイン行き航空券

0
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN安く移動できる方法をおしえてください
  • U制限エリアで買った食べ物の機内持ち込み
  • ハノイについて
  • みなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • ベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • シンガポールでの日本土産購入箇所について
Traicy Talk(未回答)
  • JGC修行2017
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • マイルでチケットを取るのはどんな感覚ですか?
  • スクートの航空券
  • 香港~マカオの行き方
  • 海外でのレストラン検索について
  • 三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • ヨーロッパのバス移動、どこで予約するのがお得?