JAL、定時到着率がアジア・パシフィック主要航空会社部門で1位に ANAは3位

DSC_5305

日本航空(JAL)は、米国のFlightStats社調べによる、2014年1月から12月の国内線・国際線を合わせた運航実績が、アジア・パシフィック主要航空会社部門で1位になったと発表した。

JALの国内線・国際線の定時到着率は87.78%となった。世界全体では4位となり、KLMオランダ航空が88.66%で1位を獲得した。全日空(ANA)は、アジア・パシフィック主要航空会社部門では3位、世界全体では6位だった。

JALは、2013年にもJAL運航の国内・国際線の定時到着率が88.94%、JALグループ便の定時到着率89.75%となり、世界一を獲得している。

アメリカ Wifi 最安価格

日本-フランス行き航空券

日本-フランス行き航空券

50,087
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN 東京で静かなルートで観光がしたい
  • UCtripで日本国内線が安い?
  • UNJAL特典航空券の前倒し搭乗
  • Uフルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • JGC修行2017
  • ANA SFC修行2017
Traicy Talk(未回答)
  • プーケットのお土産
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • おすすめの宮崎ごはん
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 参考までに
Traicy Talk(回答有)
  • 死海について
  • 四川航空の成田発成都行安すぎませんか?www
  • 10月8日日曜日に香港で旅行好きが集まりトラム貸切ツアーをやります
  • 昔の海外旅行
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • 海外でのライブチケットの取り方。