最大離陸重量を増加させた、エアバスA321neoがローンチ 航続距離延び日本からカナダやオーストラリアへ飛行可能に

A321neo_ALC_

エアバスは、現地時間1月13日、最大離陸重量を97トンに増加させたA321neoをローンチしたと発表した。2019年にも引き渡しを開始する。

ローンチカスタマーは、ロサンゼルスを拠点とする航空機リース会社のエア・リース・コーポレーション(ALC)で、30機追加発注する覚書(MoU)を締結。A321neoの発注機数は計90機となった。

最大離陸重量が97トンとなることで、航続距離が約7,408キロ(4,000マイル)にまで延長。単通路機では最長の航続距離となり、大西洋横断路線での運航に最適な機体になるという。また、従来の単通路機では不可能だった、長距離線の就航も可能になる。例えば成田空港から、フィンランドやカナダの一部、インド、オーストラリア北部も範囲に入る。

97トンのA321neoは客室に高い快適性と柔軟性を提供するキャビン・フレックス(Cabin-Flex)を採用。機体前部の床下に燃料タンクを追加し、主翼と胴体を少し改良した。

詳細はこちら

バリ島 Wifi 最安価格

日本-イギリス行き航空券

日本-イギリス行き航空券

66,387
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • N成都おすすめのスポット教えてください!
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • おすすめの宮崎ごはん
Traicy Talk(回答有)
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • 海外でのライブチケットの取り方。
  • 夏の旅行でおすすめの場所
  • ビールの美味しい国