新千歳空港の深夜早朝発着枠が拡大へ 住民が一定の理解

25

北海道などが検討を進めている、新千歳空港の深夜早朝の発着枠の拡大で、近隣住民への住宅防音工事の基準額撤廃に住民が一定の理解を示したことがわかった。北海道新聞が伝えた。

新千歳空港は、法令上では24時間運用可能な空港であるものの、近隣住民への配慮から、午後10時から午前7時の間は、緊急時などを除いて離着陸は6回までに制限されており、貨物便を含めて全ての枠が埋まっている状況。道側は、発着枠を現在の6枠から30枠への拡大を目指しているとしている。

新規枠は拡大を続ける格安航空会社(LCC)も発着枠を要望しており、朗報と言えそうだ。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

グアム

航空券比較

インドネシア行き

31,283