【フォトレポート】エアバスA350型機遊覧フライト 模様を徹底レポート 

A350-9

11月20日、フランスのトゥールーズからアジアツアーで羽田空港に寄港している、エアバスA350型機の遊覧フライトが、報道陣や関係者を乗せて行われた。

使用されたのは、5機ある試験機のうちMSN5と呼ばれる5号機で、ロールスロイス社製エンジンを搭載。全長66.89メートル、翼長64.75メートル、総座席数は265席。ビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制であるものの、エコノミークラスは前後で2社の別座席を搭載している。

A350-3

機材には炭素繊維強化プラスチックを使用し、機内の与圧を低い状態に保つ事ができるほか、7つのゾーンに分けて温度管理ができるため、体への負担が少なく、快適なフライトが実現できる。

全日本空輸(ANA)が今年8月に導入した、ボーイング787-9型機とくらべても、燃費が9%低く抑えられるとしている。

a350-1

搭乗客は、午前11時30分過ぎ、90番ゲートからバスで機体へ。

A350-7

配布された搭乗券。報道陣は窓側席となる、AとLが割り当てられた。

A350-10

搭乗した、日本航空(JAL)の植木社長。JALは、遊覧飛行を行ったA350-900型機を18機、さらに長胴型のA350-1000型機を13機の計31機をすでに発注している。

植木社長が着席している青いシートは、エコノミークラス前方に108席配置されている、「Zodiac US Z300」と呼ばれるシート。シートピッチは32〜34インチとなっている。

A350-12

こちらはエコノミークラス後方に115席配置された、「Recaro CL3620」 。こちらのシートピッチは33〜34インチとなっている。

いずれのシートも、1列に「3-3-3」の9席を配置している。

A350-5

機内エンターテイメントシステムは、大型タッチパネル画面と画面操作ができるコントローラーが設置されている。マップは指で自由に場所を動かすことができる仕組み。

a350-2

エコノミークラス中央には、機体の状況をモニタリングする機械が。機体の状況を解析して本部に送り、機体の改良に活かすそう。

A350-4

離陸後、エアバスのスタッフによって配られた昼食。トレーは世界各地の地名が書かれたオシャレなもので、味もよく、シャンパンとともに楽しいひとときを過ごすことができた。

A350-6

富士山を左手に望みながら名古屋の手前まで飛行し、大島や木更津上空をフライトして羽田に到着。機内は歓声に包まれた。

機体お披露目の模様は別途お送りします。

■関連記事
【フォトレポート】エアバスA350-900型機日本初飛来 地上ではJAL関係者らが歓迎

Wifi 最安価格

韓国

航空券比較

オーストラリア行き

41,230

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • ESTA申請のタイミングについて
  • 香港てiPhone購入
  • マレーシア 行き先について
  • 発券報告
  • タイのチェンライへ行かれた方
  • 今まで買えた中で最安の航空券について教えてください
  • クアラルンプールの穴場
  • 東欧旅行にオススメがありますか??
  • タイライオンエアのwebサイト
  • 上海浦東 深夜の移動
Traicy Talk(未回答)
  • JALマイレージバンク
  • 何より無くさないようにすることです
  • 参考までに
  • 雑談
  • イチローが復帰したのでシアトルに行くことにしました。
  • ANAマイレージクラブ
  • 占いが大好きです。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
Traicy Talk(回答有)
  • ロスバゲしました
  • バンコクの美味しいレストラン
  • 税関審査はバレなければ平気?
  • 経由地からの航空券を捨てることってできるんですか?
  • STWさんと旅工房さん
  • 東京から長崎のランタンフェスティバルへ、最安で行きたいです!
  • スカイスキャナーで出てくる「ハーンエア」
  • 中国の生活水
  • 香港ディズニーランドのチケット
  • ペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース