JALUXや三菱商事ら、マンダレー国際空港の30年間の事業権譲渡契約 100%民間資本の海外空港運営は日本企業初

jalux

JALUXと三菱商事、ミャンマー大手民間企業グループであるSPAグループのYOMA DEVELOPMENT GROUP LIMITED(YOMA)の3社は、ミャンマー航空局とマンダレー国際空港の30年間の事業権譲渡契約を締結したと発表した。日本企業が海外で100%民間資本で取り組む初の空港事業民営化プロジェクトとなる。

来年3月から運営を開始する予定で、JALUXと三菱商事がそれぞれ45.5%、YOMAが9%を株式を保有する、MC-Jalux Airport Services Co., Ltd.(MJAS)が、ターミナルビルや滑走路などの補修や維持管理、航空管制などの一部を除く空港運営を行う。

マンダレー国際空港は、国内11都市、海外4都市とを結ぶハブ空港で、4267メートル滑走路1本を持つ。2010年以降、旅客数は年間平均20%、国際線は60%増加しており、2013年の旅客数は約75万人。300万人まで対応できるとしている。

詳細はこちら

フィリピン Wifi 最安価格

日本-フィリピン行き航空券

日本-フィリピン行き航空券

14,898
Traicy Talk (新着投稿)
  • U海外でのバイクレンタル
  • Uバンコクのホテル選び
  • UNバンコク@カジュアルな服装で行けるおすすめのルーフトップバー
  • U長期滞在の持ち物(包丁、洗い物など)について
  • U青春18切符の裏技について
  • U釜山の電気街
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
Traicy Talk(回答有)
  • スクートの航空券
  • オススメの旅行ガイドブックについて
  • 夏の旅行でおすすめの場所
  • LCCで機内食を食べますか?
  • 上海浦東 深夜の移動
  • 海外旅行保険って何がオススメですか?