JALUXや三菱商事ら、マンダレー国際空港の30年間の事業権譲渡契約 100%民間資本の海外空港運営は日本企業初

jalux

JALUXと三菱商事、ミャンマー大手民間企業グループであるSPAグループのYOMA DEVELOPMENT GROUP LIMITED(YOMA)の3社は、ミャンマー航空局とマンダレー国際空港の30年間の事業権譲渡契約を締結したと発表した。日本企業が海外で100%民間資本で取り組む初の空港事業民営化プロジェクトとなる。

来年3月から運営を開始する予定で、JALUXと三菱商事がそれぞれ45.5%、YOMAが9%を株式を保有する、MC-Jalux Airport Services Co., Ltd.(MJAS)が、ターミナルビルや滑走路などの補修や維持管理、航空管制などの一部を除く空港運営を行う。

マンダレー国際空港は、国内11都市、海外4都市とを結ぶハブ空港で、4,267メートル滑走路1本を持つ。2010年以降、旅客数は年間平均20%、国際線は60%増加しており、2013年の旅客数は約75万人。300万人まで対応できるとしている。

香港 Wifi 最安価格

日本-タイ行き航空券

日本-タイ行き航空券

14,659
Traicy Talk (新着投稿)
  • U札幌のオススメグルメについて教えてください!
  • U青春18切符の裏技について
  • UN温泉旅館の選び方
  • U翻訳のしかた
  • Uさくらトラベルでジェットスターが安い??
  • U香港エクスプレスのセールについて
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 雑談
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • 日本語が通じて何とかなってしまう海外都市ってありませんか。
  • 中国の生活水
  • クルーズ船の予約方法
  • 中国東方航空 路線(計画)運休に伴う航空券取消措置への対処法
  • 函館〜札幌間をドライブする時に立ち寄りおすすめスポット
  • 海外でのレストラン検索について