タイガーエア、インディゴに12機のサブリースを決定

62d31815

シンガポールのタイガーエアは、インドの格安航空会社(LCC)のインディゴに対し、12機のエアバスA320型機のサブリース契約を結んだと発表した。

サブリースする機材は、タイガーエア・フィリピンと、インドネシアのタイガーエア・マンダラで使用していた機材が大半で、撤退で余った機材のリース費用を捻出する狙いがある。サブリースの期間は3〜4年。うち7機はサブリース終了後にタイガーエアで使用する計画。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

台湾

航空券比較

フランス行き

59,035