ナビタイム、海外向け乗り換え案内サービス『NAVITIME Transit』を10ヶ国語に対応 

navitime

「NAVITIME」を運営するナビタイムジャパンは、9月18日より、iOSとAndriod向けに提供している、海外向け乗り換え案内サービス『NAVITIME Transit』で、10カ国語の多言語対応を開始すると発表した。

8月から、試験的な取り組みとして、英語・中国語(繁体字・簡体字)・タイ語・マレーシア語・日本語に対応。利用者からの反響を受け、ドイツ語・イタリア語・フランス語・スペイン語・韓国語の5カ国語を追加し、計10カ国語に対応した。

表示される言語は、スマートフォン端末の言語設定で選択している言語が、自動的に表示される仕様になっています。ご利用のスマートフォンを日本語に設定していれば、どの国向けのアプリも日本語で利用可能となるため、日本人の海外旅行での利用にも適している。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

フィリピン

航空券比較

アメリカ行き

22,793
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 雑談
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
Traicy Talk(回答有)
  • プーケットのお土産
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • 歩きまくる一人旅行に必要なものと不必要なもの
  • 空港で快適に寝る方法
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 釜山の電気街