ニノイ・アキノ国際空港に3本目の滑走路建設を政府が指示か 2016年内に併用開始へ

MNL

フィリピン、マニラのニノイ・アキノ国際空港に、3本目となる滑走路の建設を、大統領が指示したことがロイター通信の報道で明らかになった。同空港は慢性的な混雑状態となっており、滑走路やターミナルの増設が急務となっている。

総事業費は5500万ドル(約57億円)で、2016年内の併用開始を計画している。

同空港は4つのターミナルと2本の滑走路から成り立っているものの、ターミナルの老朽化や治安の悪さが度々問題になっている。

「国家戦略を1人で実行する男」とも言われているラモン・アン社長率いる、サンミゲル・コーポレーションは、今年5月に新空港建設案を政府に提出。建設費は100億ドル(約1兆円)規模で、マニラ湾の埋立地を活用する案を示していた。3,600メートルの滑走路を4本建設することで、現在の1時間あたり40便の処理能力が6倍以上に拡大するため、ハブとして活用するとしていた。

■関連記事
マニラ新空港案をサンミゲルが政府に提出! 香港やシンガポールを超える規模に?

詳細はこちら

バリ島 Wifi 最安価格

日本-カナダ行き航空券

日本-カナダ行き航空券

57,910
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 海外でのレストラン検索について
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • 海外旅行に使える便利アプリについて
  • ANAのマイルを貯めたい!
Traicy Talk(回答有)
  • 旅行を記録するサービスでおすすめありますか?
  • テグかソウルかプサンか、どこが一番楽しいスポットでしょうか。
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • ジェットスターセールの高松線について
  • 昔の海外旅行
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん