エアアジアのトニー・フェルナンデスCEO、「新たなエアラインに注力。」 スカイマークと協議否定

aa

経営危機のスカイマークに対し、マレーシアのエアアジアが、株式公開買い付け(TOB)などを含む経営支援を検討しているとに一部報道に対し、エアアジアのトニー・フェルナンデスCEOは、これを否定するコメントを発表した。

同氏はTwitterで、「スカイマークには関心がないし、協議をしていない。新たなエアラインに注力する。」という趣旨のコメントをしている。

スカイマークも、「当社において承知している事実及び同社より経営支援の打診を受けた事実はございません。」と、打診を否定している。

エアアジアは、スカイマークが36枠を保有する、羽田空港の発着枠を狙っているとしており、経営権の取得も視野に入れているという報道で、スカイマークの株価はストップ高となる前日比50円高の230円で取引を終えた。

■関連記事
エアバス、スカイマークとのエアバスA380型機6機の契約を破棄 損害賠償を求める考え
スカイマーク、成田撤退を正式発表 茨城〜名古屋/中部線も撤退
エアアジア、スカイマークの経営支援検討か 株式公開買い付けも視野に

詳細はこちら

Wifi 最安価格

スペイン

航空券比較

イタリア行き

55,679