スターフライヤー、6月の利用実績を発表 東京/羽田〜大阪/関西線は前年比28.1%ダウン

15

スターフライヤーは、2014年6月の利用実績速報を発表しました。

搭乗率が最も高かったのは、東京/羽田〜福岡線で57.7%、次いで、東京/羽田〜北九州線が54.6%、福岡〜名古屋/中部線が51.9%となった。最低となったのは、東京/羽田〜大阪/関西線で48.8%だった。全路線平均は55.5%。

東京/羽田〜大阪/関西線は前年比28.1%ダウンと厳しい状況となっている。

また、定時出発率は93.3%、就航率は99.8%だった。

■関連記事
スターフライヤー、東京/羽田〜山口宇部線に10月26日就航! 1日3往復6便を運航

詳細はこちら 

カナダ Wifi 最安価格

日本-タイ行き航空券

日本-タイ行き航空券

22,323
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN味噌汁の機内持ち込み
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • 海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • 海外旅行中にあったトラブルについて
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • JALマイレージバンク
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
Traicy Talk(回答有)
  • マイルでチケットを取るのはどんな感覚ですか?
  • とにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • 次の旅行先のオススメ教えてください
  • 東欧諸国でマイナーだけど、旅行におすすめの国は?
  • ジョイフルトレインに乗りたい
  • サプライスの広告記事の安さについて。