スターフライヤー、6月の利用実績を発表 東京/羽田〜大阪/関西線は前年比28.1%ダウン

15

スターフライヤーは、2014年6月の利用実績速報を発表しました。

搭乗率が最も高かったのは、東京/羽田〜福岡線で57.7%、次いで、東京/羽田〜北九州線が54.6%、福岡〜名古屋/中部線が51.9%となった。最低となったのは、東京/羽田〜大阪/関西線で48.8%だった。全路線平均は55.5%。

東京/羽田〜大阪/関西線は前年比28.1%ダウンと厳しい状況となっている。

また、定時出発率は93.3%、就航率は99.8%だった。

■関連記事
スターフライヤー、東京/羽田〜山口宇部線に10月26日就航! 1日3往復6便を運航

詳細はこちら 

マレーシア(主要都市) Wifi 最安価格

日本-台湾行き航空券

日本-台湾行き航空券

0
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN安く移動できる方法をおしえてください
  • U制限エリアで買った食べ物の機内持ち込み
  • Uハノイについて
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • ベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • シンガポールでの日本土産購入箇所について
Traicy Talk(未回答)
  • JGC修行2017
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • マイルでチケットを取るのはどんな感覚ですか?
  • スクートの航空券
  • 香港~マカオの行き方
  • 海外でのレストラン検索について
  • 三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • ヨーロッパのバス移動、どこで予約するのがお得?