スターフライヤー、6月の利用実績を発表 東京/羽田〜大阪/関西線は前年比28.1%ダウン

15

スターフライヤーは、2014年6月の利用実績速報を発表しました。

搭乗率が最も高かったのは、東京/羽田〜福岡線で57.7%、次いで、東京/羽田〜北九州線が54.6%、福岡〜名古屋/中部線が51.9%となった。最低となったのは、東京/羽田〜大阪/関西線で48.8%だった。全路線平均は55.5%。

東京/羽田〜大阪/関西線は前年比28.1%ダウンと厳しい状況となっている。

また、定時出発率は93.3%、就航率は99.8%だった。

■関連記事
スターフライヤー、東京/羽田〜山口宇部線に10月26日就航! 1日3往復6便を運航

詳細はこちら 

中国 Wifi 最安価格

日本-スペイン行き航空券

日本-スペイン行き航空券

52,908
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNJAL特典航空券の前倒し搭乗
  • UCtripで日本国内線が安い?
  • U四川航空の成田発成都行安すぎませんか?www
  • Uフルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • JGC修行2017
  • ANA SFC修行2017
Traicy Talk(未回答)
  • 旅先での嫌な経験をした場合はどうしていますか。
  • アメニティ集めが趣味です。
  • 海外でのレストラン検索について
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • おすすめの宮崎ごはん
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
Traicy Talk(回答有)
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 航空会社未定航空券について
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • バンコクのホテル選び
  • 東京から京都に最安で行く方法