ブラジルの国立民間航空機関、苦情の処理になんと6年もかかっている事が判明

ANAC

ブラジルの航空会社が受けた苦情を処理する民間航空機関のANACは、その苦情を最終的に処理するまでに6年近くの時間がかかっている事がブラジルのフォーリャ紙によって明らかにされた。

苦情が寄せられた会社は、ANACの最終的な決定が出る間では罰金等を払う必要は無く、多くの会社が控訴などの行動を取るため処理に膨大な時間がかかっていると指摘されている。

一方で、この膨大な仕事量の割には職員がわずか6人しかおらず、深刻な人材不足であるとしている。

また、この機関は航空会社のみならず空港やエアポートタクシーなどの苦情も対応しており、結果として6年前の案件を今処理しているといった現状なのだという。中には、現在では存在しない航空会社の苦情を処理していることもあるという。

2008年にオーシャンエア(現在はアビアンカ航空)に乗った際に4時間以上の遅れが出たことに対する処理が今ごと行われたある乗客は「もはや良く覚えていない。これなら訴えを起こさないか、取り下げた方が良かったのかもしれない」等と述べている。

詳細はこちら

カナダ Wifi 最安価格

日本-韓国行き航空券

日本-韓国行き航空券

8,287
Traicy Talk (新着投稿)
  • U札幌のオススメグルメについて教えてください!
  • U青春18切符の裏技について
  • UN温泉旅館の選び方
  • U翻訳のしかた
  • Uさくらトラベルでジェットスターが安い??
  • U香港エクスプレスのセールについて
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 雑談
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • 日本語が通じて何とかなってしまう海外都市ってありませんか。
  • 中国の生活水
  • クルーズ船の予約方法
  • 中国東方航空 路線(計画)運休に伴う航空券取消措置への対処法
  • 函館〜札幌間をドライブする時に立ち寄りおすすめスポット
  • 海外でのレストラン検索について