ライアンエア、機内で酔った乗客がトイレと勘違いし飛行機のドアを開けようとするトラブル

ryanair-aircraft

11日、ライアンエアのクラコウからダブリンへ向かっていた便の中で、酔った乗客がトイレと間違えて機内のドアを開けようとするトラブルがあった。イギリスのニュースサイト「Mail Online」が伝えている。

トラブルを起こした男性は26歳で、これが人生で初めてのフライトであったとのこと。その緊張を紛らわすために、彼はウォッカとビールを飲んでいた。

その後、酔った男性はトイレと間違えて飛行機のドアを開けようとしたという。 彼はハンドルを上げることに成功したが、気圧差が扉を開けることを防いだおかげで乗客たちは九死に一生を得た。

ダブリンに着いた後、彼は逮捕され、その容疑を認めた。酔った上で行った危険な行為であったとした。

彼は罰金として160ポンドを支払うこととなったという。

■関連記事
タイ国際航空、機内で乗客が瓶で他の乗客を強打するトラブル オーストラリア便でトラブル相次ぐ

詳細はこちら

Wifi 最安価格

グアム

航空券比較

スペイン行き

54,407
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 雑談
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
Traicy Talk(回答有)
  • プーケットのお土産
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • 歩きまくる一人旅行に必要なものと不必要なもの
  • 空港で快適に寝る方法
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 釜山の電気街