マレーシア航空、事故機の詳細と搭乗していた人の国籍を公開 オランダ人が大半

mas2

オランダのアムステルダムからマレーシアのクアラルンプールに向かっていた、マレーシア航空17便が17日未明にウクライナ上空で撃墜され、乗員乗客の全員が死亡した事故で、マレーシア航空が事故機についての詳細を発表した。

事故機である、ボーイング777-200型機(9M-MRD)は、1997年7月に製造され、17年間飛行をしていた。11,434回の飛行、飛行時間は75,322時間だった。最後の整備は、7月11日にクアラルンプールで行っており、問題は見つかっていなかった。

搭乗していたのは、乳幼児や乗務員を含めると、オランダ人154名、マレーシア人43名、オーストラリア人27名、インドネシア人12名、イギリス人9名、ドイツ人4名、ベルギー人4名、フィリピン人3名、カナダ人1名。41名についてはまだわかっていない。

詳細はこちら

オーストラリア Wifi 最安価格

日本-ベトナム行き航空券

日本-ベトナム行き航空券

19,475
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • N成都おすすめのスポット教えてください!
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • おすすめの宮崎ごはん
Traicy Talk(回答有)
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • 海外でのライブチケットの取り方。
  • 夏の旅行でおすすめの場所
  • ビールの美味しい国