インドネシア等の訪日ビザ大幅緩和が決定。観光庁の「観光立国に向けたアクション・プログラム 2014」にて発表

indonesia

第4回観光立国推進閣僚会議が6月17日に開催され、「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2014」を決定された。

この中で、外国人訪日客誘致対策の一環としてビザ要件の戦略的緩和が示され、治安への十分な配慮を前提するとしつつも、訪日客増加に大きな効果の見込まれるインドネシア、フィリピン、ベトナムに対して、相手国の協力を得つつ、可能な限り早急に3カ国全てのビザ免除の実現に努力するとし、まずは当面の措置として、戦略的ビザ要件の緩和を行うとした。

その中でも、インドネシアに関してはビザの免除(在外公館へのIC旅券事前登録を実施)が決定された。

また、フィリピンやベトナムに対しても観光目的の場合の実質ビザ免除や、数次ビザに係る発給要件緩和、有効期間の最長5年への延長等を行うほか、今夏までにインド向けの数次ビザの発給を開始するとした。このほかにも様々な戦略が示されている。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ベトナム

航空券比較

台湾行き

9,346