バニラエア、4月の搭乗率は51.8%と前月比20%以上ダウン 発売開始遅れ響く?

ce6ae3a2

バニラエアは、2014年4月の運航実績を発表した。

東京/成田〜札幌/千歳・沖縄/那覇の2路線を運航する国内線は42.4%、東京/成田〜ソウル/仁川・台北/桃園線を運航する国際線は67.7%となり、合計で51.8%となった。前月3月は国内線80.6%、国際線78.0%だったため、国内線は30%以上の大幅減だ。

国内線は、発売開始日の遅れが搭乗率に響いた。国際線は、台北/桃園線がインバウンドが引き続き好調のため78.9%と高い水準を維持したものの、ソウル/仁川線は56.4%と低調だった。

期間中は、2便が欠航したものの、就航率は99.7%と前月より改善。定時出発率は94.3%、定時到着率は93.1%と20%以上アップした。

詳細はこちら 

ハワイ Wifi 最安価格

日本-アメリカ行き航空券

日本-アメリカ行き航空券

20,304
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNLCCの長距離便は大変ですか?
  • U経由地からの航空券を捨てることってできるんですか?
  • UN無料翻訳アプリ
  • UN英語初心者用の英会話本やアプリ
  • Uアメリカ入国審査
  • U上海浦東 深夜の移動
Traicy Talk(未回答)
  • ドレスコードと靴・かばんについて
  • スターウォーズのロケ地めぐりをしたい
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 海外旅行保険って何がオススメですか?
  • 仙台の観光地
  • おすすめの宮崎ごはん
Traicy Talk(回答有)
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • イタリアに行きたいのですが...
  • ベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • 香港の安い食事
  • 都内から行ける日帰り温泉地
  • 夏の旅行でおすすめの場所