JAL、機内サービスの情報共有に新システム導入 全社展開も検討

19

ドリーム・アーツは、日本航空(JAL)が同社が提供する業務基盤システム「ひびきSm@rtDB(スマートDB)」を採用したと発表した。すでに4月より運用を開始している。

2011年よりグループ会社や海外支店を含めた約35,000名の情報共有基盤として、同社の企業情報ポータル型グループウェアINSUITE(インスイート)を活用しており、顧客サービスの品質向上と業務効率化の実現のため、インスイートと連携した新業務基盤であるスマートDBを導入した。これにより、運用、管理コストを削減したほか、従来はバラバラであったデータ形式の標準化ができることで、スムーズな情報共有が可能になる。

スマートDBは機内サービス部門が利用し、例えば機内食について利用者から受けたコメントなどを、搭乗している便の基本情報と一緒にデータベースへ登録する。これにより、機内食の品質管理の徹底や機内サービス品質の向上を図っていくとしている。

今後、利用者へのサービス対応状況を営業部門とも共有するなど、現場を支える基盤として全社展開を検討していくとしている。

詳細はこちら 

ベトナム Wifi 最安価格

日本-インドネシア行き航空券

日本-インドネシア行き航空券

0
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uオススメの旅行ガイドブックについて
  • UN成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
  • U大分のオススメ観光スポット、グルメ
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • Uハノイについて
  • U中国に持っていってはいけないものはありますか。
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • ANAマイレージクラブ
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
Traicy Talk(回答有)
  • 仙台の観光地
  • 航空会社未定航空券について
  • 飛行機の中のトイレ
  • ドンムアン空港は楽しく過ごせますか。
  • 外貨両替は、海外に行く前にしますか。それとも日本でしますか。
  • グアムのクラブ「グローブ」について