「体重が重すぎる…」航空会社から搭乗を拒否された家族、陸路と船でアメリカからフランスへ!

ba

アメリカ・シカゴから、イギリスへ向かうブリティッシュ・エアウェイズ便に搭乗しようとしていた、フランス人が、体重が重すぎることを理由に搭乗を拒否されていたことがわかった。

フランス人のケビン・シュネさんは、アメリカで受けていたホルモン治療で体重が220キロに。ブリティッシュ・エアウェイズ便に搭乗しようとしたところ、安全面で懸念があることを理由に搭乗を拒否された。

飛行機で移動できないシュネさんは、シカゴからニューヨークまで列車で向かった後、大西洋を豪華クルーズ船で渡る他に帰国する手段はなかったという。

ブリティッシュ・エアウェイズ側は、足止めされた1週間のホテルと食事代を提供し、航空券代金を全額返金。同社広報は、搭乗拒否の基準について「ケースバイケース」とメディアに語っている。

詳細はこちら 

韓国 Wifi 最安価格

日本-ベトナム行き航空券

日本-ベトナム行き航空券

22,582
Traicy Talk (新着投稿)
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • Uネットで買えないやすい航空券がある??
  • U香港のおすすめ中華料理
  • UN味噌汁の機内持ち込み
  • U昔の海外旅行
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
Traicy Talk(未回答)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 雑談
  • 参考までに
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
Traicy Talk(回答有)
  • 尾道周辺でおすすめの宿を教えてください
  • 札幌のオススメグルメについて教えてください!
  • 日本語が通じて何とかなってしまう海外都市ってありませんか。
  • JALマイルが貯められて、Suicaにオートチャージできるクレジットカード
  • 夜行便の調べ方について
  • オランダの男性用トイレは身長が低い私でも大丈夫でしょうか。