「体重が重すぎる…」航空会社から搭乗を拒否された家族、陸路と船でアメリカからフランスへ!

ba

アメリカ・シカゴから、イギリスへ向かうブリティッシュ・エアウェイズ便に搭乗しようとしていた、フランス人が、体重が重すぎることを理由に搭乗を拒否されていたことがわかった。

フランス人のケビン・シュネさんは、アメリカで受けていたホルモン治療で体重が220キロに。ブリティッシュ・エアウェイズ便に搭乗しようとしたところ、安全面で懸念があることを理由に搭乗を拒否された。

飛行機で移動できないシュネさんは、シカゴからニューヨークまで列車で向かった後、大西洋を豪華クルーズ船で渡る他に帰国する手段はなかったという。

ブリティッシュ・エアウェイズ側は、足止めされた1週間のホテルと食事代を提供し、航空券代金を全額返金。同社広報は、搭乗拒否の基準について「ケースバイケース」とメディアに語っている。

詳細はこちら 

イギリス Wifi 最安価格

日本-アメリカ行き航空券

日本-アメリカ行き航空券

0
Traicy Talk (新着投稿)
  • U仙台の観光地
  • Uオススメの旅行ガイドブックについて
  • UN成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
  • U大分のオススメ観光スポット、グルメ
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • Uハノイについて
Traicy Talk(未回答)
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
  • JALマイレージバンク
  • 雑談
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
Traicy Talk(回答有)
  • 今まで買えた中で最安の航空券について教えてください
  • 旅行に持っていけるパンを温める電化製品を教えて下さい
  • 機内食がおいしい航空会社
  • ベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • カジノに行ったことがある方へ
  • 航空会社未定航空券について