中国本土・香港・台湾の旅行動向調査を実施 中国本土では人気振るわずも香港・台湾では日本が人気 

main-3

日本政府観光局(JNTO)の調査によると、2013年上半期の訪日外客数推計値のうち香港が約34万人(前年比+43%)、台湾が約103万人(同+49%)で、過去最高値を記録した。

一方、中国本土からの訪日者数は約54万人(同‐27%)に落ち込み、団体旅行を中心に減少している。この背景を受け、トラベルズーでは、中国本土、香港、台湾の旅行に関する考え方や、旅先としての日本への意識調査を実施し、発表した。

旅行に行く目的は、中国本土では「日本の文化体験」が72%、香港は「日本食」が65%、台湾では「日本が好きなため」が81%でそれぞれ1位に。3地域で共通して日本食が人気だ。

レジャー旅行の目的は、中国本土では8割が「異文化体験」、香港・台湾は9割が「リラックス」と回答。中国本土では、74%がレジャー旅行をプレゼントすると回答し、その相手は「両親」が9割で1位。中華圏のトラベルズーのDeal Expertによると、両親に旅行をプレゼントし、家族3世代で旅行をするというのが中国では人気のようです。

1年以内に渡日予定がある人は香港では72%、台湾では80%。中国本土では57%に留まるも半数を超える結果に。人気の旅行先は「北海道」が根強い人気でいずれも1位で、中国本土と香港では東京が2位、台湾では京都が2位となった。富士山へは「時間があれば行く」との回答がいずれも1位。

香港・台湾では「理想的な家族旅行の旅先」として日本が圧倒的1位に選ばれるも、中国本土では人気が振るわず、1位はオーストラリア、2位はニュージーランドで日本は8位だった。

また、「1人旅」の目的地としても、日本は香港・台湾で1位。中国では香港、台湾に次ぐ3位に。中華圏のDeal Expertによると、日本は安全な国というイメージが浸透し、おもてなしの文化を背景に持った日本のフレンドリーさが香港、台湾の旅行者を魅了し、1人でも満喫できる旅行先として選ばれたとのことです。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

中国

航空券比較

オーストラリア行き

37,550

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
  • 昔の海外旅行
  • 機内食がおいしい航空会社
  • 旅先での嫌な経験をした場合はどうしていますか。
  • ベネチアまでの航空会社について
  • みなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • タイのチェンライへ行かれた方
  • LCCで機内食を食べますか?
  • ブカレストへの経路について相談です。
  • 旅行のきっかけについて
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • JALマイレージバンク
  • 占いが大好きです。
  • 何より無くさないようにすることです
Traicy Talk(回答有)
  • 香港のおすすめ中華料理
  • 海外旅行に使える便利アプリについて
  • バンコク@カジュアルな服装で行けるおすすめのルーフトップバー
  • LCCの長距離便は大変ですか?
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • 本当に些細な事で質問です。
  • 東南アジア行きのオススメのシーズン(値段的に)
  • 尾道周辺でおすすめの宿を教えてください
  • 香港ディズニーランドのチケット
  • Uberを利用したことがある方。どうでしたか?
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース