エアアジアX、関西線は81%、羽田線は85%の搭乗率に =年末までに日本線増便へ 

エアアジアX

エアアジアXのアズマン・オスマンラニCEOが、2013年末までに、マレーシア〜日本線の増便を行うと明言した。

また、エアアジアXのクアラルンプール〜大阪/関西線は平均81%、クアラルンプール〜東京/羽田線は平均85%という高い搭乗率を維持しており、エアアジアXは、日本線の増便で、同社が成長するものと確信している模様。

エアアジアXは、マレーシア証券取引所に上場し、機材調達を加速し、現在の保有機材をほぼ倍増させます。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

韓国

航空券比較

スペイン行き

55,048