中国の8空港が強引に「定刻離陸」を導入、安全議論を巻き起こす事態

04

中国国内の各空港で、到着地への着陸の目処が立たなくても、強引に定刻で出発させる方針とすることが伝えられたことで、安全性に対する議論が巻き起こっています。

中国民用航空総局(CIIC)の方針によるもので、レコードチャイナによると、北京、上海虹橋、上海浦東、広州、深セン、成都、西安、昆明の8空港でこの措置を取り始めているとのこと。

中国各地を発着するフライトでは、慢性的な遅延が発生しており、世界最悪クラス。 FlightStats社の調べによると、2013年6月の定時運航率は、北京首都国際空港が18.3%、上海浦東国際空港が28.72%、成都国際空港が29.36%、広州白雲国際空港が26.45%、上海虹橋国際空港が23.51%など、軒並み50%以下の水準だった。

これは、中国国内の多くの空域が、軍事用とされていることや、便数の増加による混雑、気象条件によるものなど原因は様々。

これは、パイロットや管制官、乗客、航空会社に対し、大きな負担を強いるもので、パニックを引き起こす可能性も指摘されています。

詳細はこちら 

グアム Wifi 最安価格

日本-ドイツ行き航空券

日本-ドイツ行き航空券

53,900
Traicy Talk (新着投稿)
  • U旅行に持っていけるパンを温める電化製品を教えて下さい
  • Uストックホルム経由リガ行きの旅について
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • UN韓国のトースト
  • Uビールの美味しい国
Traicy Talk(未回答)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • 香港→深セン、wifiについて(VPN利用がいいともうのですが)
  • 経由地からの航空券を捨てることってできるんですか?
  • yellow card要否について
  • シェアリングエコノミーが発展している都市
  • カジノに行ったことがある方へ
  • アメリカ入国審査