春秋航空日本、本社を公津の杜に移転 2013年秋に国内線就航へ

13

春秋航空日本は、本社を東京都墨田区から、千葉県の公津の杜に移転した。

国土交通省航空局首席安全監察官の鵜飼博氏が代表取締役社長に就任し、2013年秋の就航に向けて着実に準備を進めている模様だ。

機材は、国内線を運航する格安航空会社(LCC)が採用しているエアバスA320型機ではなく、ボーイング737型機を使用する。成田空港をハブ空港として、まずは国内線の主要路線に展開。その後、2014年には定期国際線に就航することを予定している。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

フィリピン

航空券比較

インドネシア行き

30,986