ANA、新客室仕様の777-200を国内線に投入開始 羽田発着幹線3路線に

全日本空輸(ANA)は、パーソナルモニター付きの新シートを導入した国内線用のボーイング777-200型機(機体記号:JA715A)の投入を、11月16日より開始した。

11月16日から30日までと12月27日から31日までは、東京/羽田〜福岡線のANA243便とANA250便、東京/羽田〜大阪/伊丹線のANA27便とANA32便、東京/羽田〜札幌/千歳線のANA75便とANA82便に投入する。12月1日から26日までは、東京/羽田〜福岡線のANA241便とANA248便、東京/羽田〜札幌/千歳線のANA65便とANA68便、ANA75便、ANA82便に投入する。

プレミアムクラスには、仏SAFRAN製の電動リクライニングシートを導入した。国内線最上位クラスとして、シート全体の質感や色柄、ファブリックなどが、より重厚感のあるデザインになっている。国内線としては最大となる15.6インチのタッチパネル式パーソナルモニターを備えている。

普通席には、自動車用シートを手掛けるトヨタ紡織とANAが共同開発したシートを導入。2015年から国内線用ボーイング767-300型機に採用しているシートを改良し、快適性を向上させた。タッチパネル式パーソナルモニターは11.6インチで、国内線普通席としては最大だ。全席にPC用電源とUSBポートも備えている。

ボーイング777-200型機(8機)と同787-8型機(11機)を対象に、2022年度上期までに順次導入する。新仕様機では普通席の座席数を減らし、プレミアムクラスを増席する。ボーイング777-200型機はプレミアムクラス28席(現行21席)、普通席364席(同384席)、同787-8型機はプレミアムクラス28席(同12席)、普通席284席(同323席)となる。なお、国内線のパーソナルモニター付き機材は、2017年度から導入しているエアバスA321neoと合わせて計41機となる予定だ。

初日の東京/羽田〜札幌/千歳線の、普通席とプレミアムクラスのレポートは追って掲載する。

■ダイヤ
ANA243 東京/羽田(08:20)〜福岡(10:15)
ANA250 福岡(11:20)〜東京/羽田(13:00)
ANA27 東京/羽田(14:00)〜大阪/伊丹(15:05)
ANA32 大阪/伊丹(16:00)〜東京/羽田(17:10)
ANA75 東京/羽田(18:00)〜札幌/千歳(19:35)
ANA82 札幌/千歳(20:30)〜東京/羽田(22:10)

Wi-Fi 最安価格

ハワイ

航空券比較

タイ行き

15,947

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 東京で静かなルートで観光がしたい
  • 機内食がおいしい航空会社
  • タイのチェンライへ行かれた方
  • ヨーロッパとアメリカの違い
  • 台湾でオススメの臭豆腐屋さんを教えてください!
  • 昔の海外旅行
  • 香港てiPhone購入
  • 18きっぷのルート
  • 香港エクスプレスのセールについて
  • 一週間の自転車旅行に最適なリュック
Traicy Talk(未回答)
  • 何より無くさないようにすることです
  • JALマイレージバンク
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • イチローが復帰したのでシアトルに行くことにしました。
  • 占いが大好きです。
Traicy Talk(回答有)
  • 歩きまくる一人旅行に必要なものと不必要なもの
  • フルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • 旅行のきっかけについて
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • STWさんと旅工房さん
  • 無料翻訳アプリ
  • 釜山の電気街
  • ヨーロッパ周遊SIMカードについて
  • 外貨両替は、海外に行く前にしますか。それとも日本でしますか。
  • 今もOPENチケットや格安航空券は存在する??
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース