春秋航空日本、7期連続赤字 2018年12月期、純損失約50億円

春秋航空日本は第7期の決算公告を、4月25日付官報に掲載した。純損益は50億1,100万円の赤字だった。

第7期は2018年1月1日から12月31日までで、売上高は95億1,600万円、売上原価は125億400万円、売上総損失は29億8,900万円で、当期純損失は50億1,100万円だった。第6期は42億4,800万円の当期純損失を計上している。

売上高は前期と比較して約4億円増加したものの、損失は拡大した。第3期と第4期はそれぞれ約49億円、第5期は約38億円、第6機は約42億円の損失を計上している。これにより7期連続で赤字となった。利益剰余金は245億5,700万円の赤字となった。

資産は78億2,200万円で、うち流動資産は44億5,500万円、固定資産は33億6,600万円だった。

春秋航空日本は東京/成田〜札幌/千歳・広島・佐賀・武漢・重慶・ハルビン・天津・寧波線の国内・国際線8路線を運航している。資本金は114億円。

Wifi 最安価格

グアム

航空券比較

タイ行き

13,740

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • マレーシア 行き先について
  • プーケットに行きたい!
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
  • 台湾でオススメの臭豆腐屋さんを教えてください!
  • 香港エクスプレスのセールについて
  • 昔の海外旅行
  • 極東ロシア・ウラジオストクに興味のある方 集まれ!
  • エコノミークラスでもお得なサービスのある航空会社
  • 機内食がおいしい航空会社
  • 香港てiPhone購入
Traicy Talk(未回答)
  • イチローが復帰したのでシアトルに行くことにしました。
  • 占いが大好きです。
  • JALマイレージバンク
  • 参考までに
  • 何より無くさないようにすることです
  • ANAマイレージクラブ
Traicy Talk(回答有)
  • マイレージカードについて
  • ストックホルム経由リガ行きの旅について
  • LCCタイガーエアーに問い合わせをする方法
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 香港ディズニーランドのチケット
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • ビジネスクラスの格安チケット
  • 年越しロシア情報
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • 金鵬倶楽部(Fortune Wings Club)のマイルの使い方について
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース