JAL、最新鋭機A350の客室仕様発表 全クラスに新デザインシート

新国内線シート

日本航空(JAL)は、9月の就航を予定しているエアバスA350型機の客室仕様を公開した。

標準の座席配置は、ファーストクラスが「2-2-2」配列で12席、クラスJが「2-4-2」配列で94席、普通席が「3−3−3」配列で263席の計369席。繁忙期などの需要増に対応するため、短期間で座席数を変更できる仕様となっている。全席にタッチパネル式の個人モニター、PC用電源、USBポートを備え、機内Wi-Fiサービスも提供する。

新国内線シート

新国内線シート

新国内線シート

ファーストクラスは「新たなる最上級」をテーマに、黒を基調とした配色とした。前方にしつらえた壁面の造形で、12席のみの特別な空間を演出する。シートピッチは53インチ(約153センチ)、座席幅は約51センチ。ジャムコとの共同開発で、柔らかなクッションがもたらすソファのような座り心地を実現した。座席操作は同社の国内線では初の電動式となったほか、振動式のマッサージ機能を装備。国内最大級の15.6インチモニターが各席に設けられている。

新国内線シート

クラスJおよび普通席では、コーポレートカラーの赤を取り入れつつ、落ち着きとフレッシュさを感じられるインテリアとした。クラスJのシートピッチは38インチ(約97センチ)、座席幅は約48センチ。独・レカロ製の新開発シートで、位置・角度調整機能が拡大した新機構のレッグレストが備わる。個人用モニターは11.6インチ。

新国内線シート

普通席のシートピッチは31インチ(約79センチ)、座席幅は41〜44センチ。レカロ製のシートには、細かなポジション調節が可能なレッグレストを備えた。個人用モニターは10インチとなっている。

エアバスA350型機は、9月1日の東京/羽田〜福岡線を皮切りに国内線に投入される予定。

機内などの詳報については別稿でお伝えする。

■関連記事
【解剖・JALのエアバスA350型機】個室のような上質空間、ファーストクラス編
【解剖・JALのエアバスA350型機】伝統の「赤」取り入れた新シート、クラスJ編
【解剖・JALのエアバスA350型機】全席に個人モニター装備、普通席編
JAL、エアバスA350型機お披露目式 赤坂社長「とにかくいい飛行機」

Wifi 最安価格

ベトナム

航空券比較

インドネシア行き

25,401

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 昔の海外旅行
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
  • 機内食がおいしい航空会社
  • 旅先での嫌な経験をした場合はどうしていますか。
  • ベネチアまでの航空会社について
  • みなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • タイのチェンライへ行かれた方
  • LCCで機内食を食べますか?
  • ブカレストへの経路について相談です。
  • 旅行のきっかけについて
Traicy Talk(未回答)
  • 占いが大好きです。
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • JALマイレージバンク
  • 何より無くさないようにすることです
Traicy Talk(回答有)
  • ラスベガスのホテルに無料で泊まれるって本当ですか?
  • 高野山見学
  • 台湾のソウルフード
  • 東京から京都に最安で行く方法
  • ヴェネツィア マルコポーロ空港より入国
  • 旅行会社
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 翻訳のしかた
  • Ellipsの安い市場@ジャカルタ、バリ
  • 台湾の夜市でオススメの場所はどこかありますか。
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース