ユナイテッド航空、新プレエコ「ユナイテッド・プレミアムプラス」を日本初披露(写真21枚)

ユナイテッド航空は、日本路線に3月31日より投入を開始した、プレミアムエコノミークラス「ユナイテッド・プレミアムプラス」を、5月31日に東京都内で開いた代理店向け説明会「ユナイテッドEXPO」で、日本で初めてお披露目した。

「ユナイテッド・プレミアムプラス」は、新たにロックウェル・コリンズが開発した専用の座席を「2-4-2」配列で24席設置し、優先チェックイン、優先搭乗、専用収納棚、よりビジネスクラスに近い機内食、アメリカの高級百貨店サックス・フィフス・アベニューの毛布や枕のほか、アメリカの高級スキンペアブランド「サンデー・ライリー」のアメニティを提供する。通常は有料で提供している一部のアルコールも無料となり、ラウンジの「ユナイテッド・クラブ」は割引料金で利用できる。日本路線のうち、ボーイング777-300ER型機で運航する、東京/成田〜サンフランシスコ・ニューヨーク/ニューアーク線の2路線でサービスを提供している。

シートピッチ(前後間隔)は最大96センチ、横幅は47センチで、座席間の肘掛けは固定されている。肘掛け下に収納されている折りたたみ式テーブルは、スマートフォンやタブレットスタンドにもなる優れもの。電源やUSBポートはテーブルと反対の肘掛け下にある。調整ができるヘッドレストやフットレストも装備しており、ゆったり過ごすことができる。

モニターは最大13インチで、最前方のみ肘掛け下に収納されており、サイズが少々小さい。タブレットやスマートフォンでは、アプリを通じて無料でエンターテインメントを提供しており、いずれも利用できる。機内Wi-Fiは有料で提供する。

ユナイテッド航空は、ビジネスクラスに「ユナイテッド・ポラリス」を導入するなど、上級クラスへの新製品の投入を強化している。ターゲットとなるのは、出張でビジネスクラスが利用できない人や、レジャー利用で少し贅沢をしたいという人だといい、太平洋路線を除く一部路線で展開している「ベーシック・エコノミー」を含め、エコノミークラスにカテゴライズされる、4種類のプロダクトにより、利用者の予算や要望に沿ったサービスを提供していく。

10日に1機のペースで新客室仕様の機材を投入しており、ボーイング777-200型機など、日本線に投入する他の機材への導入も進めるという。

Wi-Fi 最安価格

ハワイ

航空券比較

ベトナム行き

19,275

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 台湾でオススメの臭豆腐屋さんを教えてください!
  • ブカレストへの経路について相談です。
  • 機内食がおいしい航空会社
  • タイのチェンライへ行かれた方
  • 昔の海外旅行
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
  • マレーシア 行き先について
  • プーケットに行きたい!
  • 香港エクスプレスのセールについて
  • 極東ロシア・ウラジオストクに興味のある方 集まれ!
Traicy Talk(未回答)
  • 何より無くさないようにすることです
  • 占いが大好きです。
  • JALマイレージバンク
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • イチローが復帰したのでシアトルに行くことにしました。
Traicy Talk(回答有)
  • Ctripで日本国内線が安い?
  • 上海浦東 深夜の移動
  • 機内食
  • おすすめの宮崎ごはん
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外でのバイクレンタル
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • 歩きまくる一人旅行に必要なものと不必要なもの
  • 海外でドミトリーホステルに宿泊するときにあると便利なもの
  • 学生向けクレジットカードについて
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース